在来軸組工法 【木造軸組工法】|大阪の新築一戸建てはEPOCH(エパック)シリーズの西日本住宅株式会社

西日本住宅のトップページ > こだわりの工法 > 在来軸組工法 【木造軸組工法】
  • 地震に強いこだわりの工法
  • NJO在来工法
  • ベタ基礎
  • 在来軸組工法
  • 重量鉄骨工法

在来軸組工法

日本古来から伝わるこの建築工法は、在来工法とも呼ばれ、正確には「木造軸組工法」といいます。「柱」・「梁」・「筋違(すじかい)」を組み合わせた丈夫なつくりで、増改築もしやすいうえに、気候風土に最も適した工法のひとつとして人気も高く、現在でも日本の住宅では最も多い工法とされています。また、「木」の素材が持つ「断熱性」や「吸放湿性」などの能力のほか、人の精神を安定させる成分にも改めて注目されています。

ポイント1 夏は涼しく冬は暖かい
ポイント2 設計の自由度が高く増改築しやすい
ポイント3 日本の自然環境に適した工法

剛床工法

従来工法と剛床工法

地震による床からの破壊を防ぎます

剛床工法とは、床下地に厚い構造用合板を張る事により、水平面のネジレを防ぐ工法です。
在来工法では、梁と床下地の間に根太をはさみますが、剛床工法では通常の2倍以上の厚さの構造用下地合板を梁に直接接合し、厚い合板の力で床の変形を防ぐ、耐震上最も効果的な工法なのです。

タイトニック

タイトニック

タイトニックはマジックリングがクサビの働きをし、木材の木痩せ、荷重による収縮や振動による緩みを防止して、接合部の耐力低下を防ぎ、スプリングが木痩せに追従しながら無段階にスムーズに押して行くので、新築時の耐震力を長期に維持できるのです。

タイトニック

オプション

パワーガード

パワーガードと従来の違い

振動エネルギーを特殊装置により吸収させる

建物内に伝わった揺れを特殊装置により吸収させる工法。
木造住宅のようにしなやかでやわらかい建物に適し、強風の振動にも対応します。

パワーガード



  • お問合わせ
  • 資料請求
ページトップに戻る