NJO工法|大阪の新築一戸建てはEPOCH(エパック)シリーズの西日本住宅株式会社

  • 地震に強いこだわりの工法
  • NJO在来工法
  • ベタ基礎
  • 在来軸組工法
  • 重量鉄骨工法

NJO工法

日本古来から伝わる在来工法は、正確には「木造軸組工法」といいます。「柱」・「梁」・「筋違(すじかい)」を組み合わせた丈夫なつくりで、増改築もしやすいうえに、気候風土に最も適した工法のひとつとして人気も高く、現在でも日本の住宅では最も多い工法とされています。それに加えて、NJO工法は構造用合板を一体化させた面(ダイヤフラム)で壁・床・天井の6面を構成し、建物を支えています。つまり在来軸組工法が線で構成されているのに対し、NJO工法は面でも構成されているのです。この面構造が地震などの外力を面全体で受け止めるため、変形しにくく荷重を一点に集中させる事なく分散し、優れた強さを発揮します。また、耐震性・耐火性・耐久性・断熱性・遮音性に優れています。

NJO工法

拡大図

NJO工法と従来の在来工法

NJO工法と在来工法

地震による床からの破壊を防ぎます

NJO工法では、床下地に厚い構造用合板を張る事により、水平面のネジレを防ぐ工法です。
在来工法では、梁と床下地の間に根太をはさみますが、NJO工法では通常の2倍以上の厚さの構造用下地合板を梁に直接接合し、厚い合板の力で床の変形を防ぐ、耐震上もっとも効果的です。

NJO工法の特性
  • 耐震性…地震や台風に強い6面体壁構造
  • 耐火性…木造住宅でも火に強いのが、ツーバイフォー
    耐火性
  • 耐久性…「長生き住宅」湿気、結露対策は万全
    耐久性
  • 断熱性…気密性、断熱性が高く、省エネ効果も大
  • 遮音性…気密性と断熱材の相乗効果で、高い遮音性
    遮音性
  • 耐震座金タイトニック 大きな地震でも、耐久力が低下しない!

    タイトニックはマジックリングがクサビの働きをし、木材の木痩せ、荷重による収縮や振動による緩みを防止して、接合部の耐力低下を防ぎ、スプリングが木痩せに追従しながら無段階にスムーズに押して行くので、新築時の耐震力を長期に維持できるのです。

    タイトニック タイトニック

ミライエ

※1住む人の安全と大切な住まいを守るため、地震の揺れを最大で70%低減する木造住宅制震ユニットです。

「MIRAIE(ミライエ)」は、住友ゴム工業独自の高減衰ゴムテクノロジーで新開発した高減衰ゴムを採用、振動エネルギーを熱エネルギーに変換することで地震の揺れを効率良く吸収します。
これにより突然の地震や、その後も繰り返し発生する余震の揺れを効果的に吸収し続けることで家の損傷を軽減します。

※1:住友ゴム工業の振動台実験の結果による
【実験概要】実験名:木造住宅の箱型モデルによる振動台実験 建物:木造軸組工法による2階建て想定モデル1階部分(制震ダンパー有り・無し)建物形状:2.73m×2.73m 建物総重量:31.6kN(3.2tf) 実施年月:2011年12月 入力波:1995年兵庫県南部地震 JMA神戸NS成分 震度6強 最大加速度818gal

ミライエ

詳しく見る



  • お問合わせ
  • 資料請求
ページトップに戻る