Nさんご家族|お客様の声|大阪の新築一戸建てはEPOCH(エパック)シリーズの西日本住宅株式会社

西日本住宅株式会社西日本住宅株式会社
資料請求
お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-8888-04

Nさんご家族Nさんご家族

Nさんご家族〈大阪府、ご両親30歳代、お子様3人〉

子どもにそれぞれ部屋を与えたいと、土地探しから家づくりをスタートされたNさん。
いくつものモデルハウスを見学して、立地・プラン・担当者の対応など総合的に判断、
「西日本住宅がいい」とご夫婦の意見はぴったり。
家族が心地よく暮らすための工夫やこだわりについて話をお聞きしました。

リビングで過ごす家族の様子を見渡せるような
工夫を対面キッチンにプラス

「一戸建てを建てるなら、自由設計でこだわりや希望を実現したいと思いました」と話すご夫婦は、家族が集まるリビングへのこだわりをお持ちでした。奥様はキッチンからリビングやダイニングで過ごす子どもたちの様子が見える様なプランを希望。「リビングが見えなくなるので、コンロ前に壁を設けたくないと伝えると『 油はねなどが気になるからガラスにしましょう』と提案してくれました」。収納は背面に設置。手持ちの家電にあわせた設計で無駄な空間もなく、作業スペースは広々として、家事もしやすそうです。

写真

気軽に相談できる人柄、想いを察する丁寧な対応で
希望以上の空間を創り上げる

「モデルハウスの仕上がりの美しさが決め手」「話しやすく、親身になって相談にのってくれる担当者がよかった」とご夫婦。同社は希望を叶えるだけでなく、ご夫婦の要望に耳を傾け、「それならこうしてみれば」とアドバイス。たとえば2階洋室。当初は間仕切りを設けない予定でしたが、『いずれ2部屋にするなら、最初から間仕切りましょう』と提案。また壁一面の収納がある主寝室では、部屋の一角にメイクができるカウンターに。「それなら照明を設置してほしいとお願いしました。ちょっとしたアイデアで、使いやすい居室になりました」と奥様。お互いがアイデアを出しあうことで、よりいい空間が生まれる、気軽に話ができる関係は家づくりには欠かせないと実感します。

写真

開放感を演出するハイドア、「おかえり」と声をかけられる
リビング階段を採用

場所によっては引き戸にしたり開き戸にしたりと、同社の細やかな配慮はすべて入居後の暮らし心地を高めます。「帰宅した子どもの顔が見えるよう、リビング階段にしたかった」と話すご主人。リビング階段前に引き戸を設けることで、閉めれば室内は穏やかな雰囲気に。さらに出入口に天井までの高さがあるハイドアを採用したことで、開放感も生まれました。「ここは角地なので、家を大きく見せたいと考えていました。『リビングの天井高を上げることで印象が変わります。
また外観も前を高くして後ろに流すデザインだと大きく見えますよ』と提案してもらいました。建具のハイドアは入居後に反ってしまうこともあるので、反りが出ないようメンテナンスも教えてもらいました」。

写真

豊富な収納で、住まいの顔・玄関はすっきり
角地というロケーションを活かした外構

「担当者から『子どもが多いからシューズインクローゼットがいいですよ』と提案してもらいました。
おかげで玄関はスッキリ片付き、急な来客にも慌てずに済みます」。子どもの出入りに配慮し、外構の横には角柱を据え付け、下に植栽を設けることで、明るい玄関に仕上がりました。

写真

写真